岡野商事は、「エネルギー」「環境」「リサイクル」分野に、機器の販売を通じて社会に貢献する機械専門商社です。

岡野商事株式会社


会社情報

会社沿革

 当社は昭和22年10月、高温高圧弁専門メーカーである岡野バルブ製造株式会社の創立者 岡野満 が各種プラント設備用弁の販路拡大を目的として設立しました。北九州市門司区に於て創業以来、唐津バルブ工業株式会社並にスペロ機械工業株式会社の総代理店とし各種バルブ、超高圧部品、ジョイントボルト及び焼付防止剤 ”スモコン”の販売を行い、逐次事業を拡張し、東京・大阪・北九州・千葉・四日市・広島・長崎・金沢に営業所を設置し、配管設備機器並びに産業機器関係の専門商社として発展して参りました。
 平成6年3月には株式会社新日南を設立し、都市ごみ焼却設備部門への積極参入を計り、環境機器部門への更なる充実に努力しています。
 納入先も電力・石油化学・鉄鋼・製紙・造船・官公庁(各自治体及び第3セクターを含む)等あらゆる業界に亘り広範囲な営業活動を行ってきましたが、”真にお客様のためになる製品を”と云う社是を実践するため、優良商品の積極開発を目指すと共に商品の多様化を計り、お取引先各位のご期待とご信頼にこたえるべく邁進しております。


22年(1947)10月 岡野バルブ製造株式会社の創立者 岡野満 により設立
23年(1948)04月 大阪営業所を開設
24年(1949)10月 唐津バルブ工業鰍指導、中低圧用弁の製作を委託し、その総代理店となる
25年(1950)01月 岡野満 により設立されたボルトナットメーカー、現在の スペロ機械工業(株)総代理店となり高温高圧用ボルトナットの販売と合わせ、その後開発した高温 高圧用焼付防止剤スモコンの販売を始める。
昭和40年代に入り、その精密加工技術を生かし製作された超高圧用弁及び 超高圧用各種部品類の販売に当たる。
29年(1954)11月 東京営業所を開設
34年(1959)04月 四日市営業所を開設
42年(1967)05月 千葉営業所を開設
42年(1967)09月 広島営業所を開設
46年(1971)05月 資本金を18,000,000円に増資
46年(1971)12月 岡野正実 取締役社長に就任する
47年(1972)07月 長崎営業所を開設
50年(1975)05月 岡商サービス鰍設立、関東以東のメンテナンスサービスの拠点とする

06年(1994)03月 (株)新日南を設立、環境機器部門へ積極参入する
08年(1996)05月 岡野正敏 取締役社長に就任する
11年(1999)02月 資本金を72,000,000円に増資
12年(2000)08月 北九州工場を開設
14年(2002)01月 ソウル連絡事務所を開設
18年(2006)06月 資本金を90,000,000円に増資
20年(2008)04月 金沢営業所を開設
23年(2011)01月 北九州工場を閉鎖

採用情報

情報を武器に企業と製品を結びつけていく岡野商事で、あなたの力を発揮してください!

採用情報

詳しくはこちら

上のページに戻る